kearny について

セルフレーム。 
プラスチック性の眼鏡を総称してそう呼んでいますが、
実は90%以上のセルフレーム眼鏡はアセテートなどの違う素材で出来ています。

セルロイドはもともと発火剤としても使われるほど発火性が強く、
工場が火事でなくなってしまう恐れがあるため、量産しやすく安全なアセテートに素材が変わり、中国やタイ生産になっていきました。

この様な理由からアメリカや日本でもセルロイド職人が減少しています。

現在、日本の職人は高齢化し後継者もほぼ居ない状況で、岐阜県、千葉県、福井県に数人いるのみとなってしまいました。

そこで今後も縮小していくであろうセルロイド製ハンドメイド眼鏡を少しでも多く作り、1本でも多く残したいという気持ちからデザイナー熊谷富士喜氏が"kearny"というブランドを立ち上げたのです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

32