DRIES VAN NOTEN について

https://www.driesvannoten.com/

DRIES VAN NOTEN(ドリス・ヴァン・ノッテン)は1985年にアントワープでデビューしたベルギーのブランド。

デビュー当時は「バッド・テイスト」とまで呼ばれた、毒々しい要素をラグジュアリーと掛け合わせたアイテムを展開。
スパンコールを用いた刺繍や独特の柄物は、現在もドリスのコレクションを構成する重要な要素として根付いている。また、建築デザインや美術作品にも造詣が深く、現在もコレクションの中で様々なアーティストとのコラボレーションを行っている。


創業者はドリス・ヴァン・ノッテン(DRIES VAN NOTEN)。1958年、ベルギーのアントワープ生まれ。祖父の代から続く高級品分野のブティックを経営する家系に生まれる。77年、アントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。在学中からフリーランスのデザイナーとして活動する傍ら、父親の経営するブティックのバイイングにも携わる。

86年に「Antwerp Six」の1人として、ロンドンコレクションに参加。
このコレクションをきっかけに、メンズファッション工場のバックアップを得てコレクションの商品化へつながり現在に至る。



《Autumn/Winter 2019-2020 Men's Collection について》

2019AWシーズンのコレクションのテーマは"Nostalgia del futuro"-未来への郷愁。

新鮮味のあるシルエットと伝統的な色味を掛け合わせたスーツ。ナチュラルなイメージの強いタイダイ・プリントを、オプアートのように対称性を意識したモチーフへ組み替えるなど、フォーマルな美意識を主軸に次世代のテーラリングを提案します。



※DRIES VAN NOTEN のアイテムは、2019AWシーズンよりオンラインサイトへの掲載が禁止されたため、商品ラインナップは実店舗、もしくは当店のインスタグラムでご確認いただけます。




表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1

  • DRIES VAN NOTEN

    DRIES VAN NOTEN [2019-2020 AW]

    在庫数 1点

      ※DRIES VAN NOTEN のアイテムは、2019-2020AWシーズンよりオンラインサイトへの掲載が禁止されたため、商品ラインナップは実店舗、もしくは当店のインスタグラムでご確認…