TOPICS

308

 
 

 
 

 
【あすのオプティカル-Antique Frame Trunk Show】

昨年2度のイベントを行い大盛況であった、あすのオプティカルのイベント。
今回ご用意するのは夏に掛けたくなるようなメタルフレームから美しい造形のフレームレス、変形多角レンズのものまで、魅力的に顔周りを彩るラインナップでご用意致します。

 開催期間: 7/24(土)〜7/27(火)

(イベント期間の4日間は終日、あすのオプティカル代表にもご在店いただきます。)




- SEIKO VINTAGE WATCH POPUP -

横浜市三ツ境に構える創業70年の内村時計店。
3代目で時計修理技師である内村氏が買い付けからオーバーホール、ケース研磨、文字盤修正などフルメンテナンスを行ったSEIKOヴィンテージウォッチのポップアップイベントを開催致します。

時計修理技師ならではのセレクションと、外装はもちろん、内部の状態にもこだわりを持ち、 パーツの確保も行っている為、末永く、愛着を持ってお使いいただける一本をご用意致します。

開催期間:7/10(土)〜7/18(日)
( 10日(土)、11日(日)は修理技師の内村氏が在店されます)




【Taiga Takahashi 】
ニューヨーク拠点のブランドTaiga Takahashiが2021年秋冬からユニセックスブランドとして再出発する。

デザイナーの高橋大雅は1995年生まれ。 神戸で育ち、2010年に渡英しロンドン国際芸術学校に、2013年にセントラル・セント・マーチンズのBAウィメンズウェア学科に進学。 在学中にフィービー・ファイロ率いる「CELINE(セリーヌ)」や「HAIDER ACKERMANN(ハイダーアッカーマン)」で経験を積み、2017年に同校卒業後、自分の名を冠したウィメンズブランド「Taiga Takahashi」をニューヨークで立ち上げた。

ユニセックスブランドへと転換した背景にあったのは、コロナ渦をきっかけとした自身の気持ちの変化。男性デザイナーとして、目に見えない女性像を想像して服作りをするよりも、自分が着たい服を提案していくことを決めた。

高橋自身、服の歴史への造詣が深くヴィンテージの服を数千着保有するほどのコレクター。
「これほど素晴らしい服がすでに存在する中で全く新しいものを生み出す必要はあるのだろうか」という疑問からこれまでに作られてきた服の数々に目を向けた。 新生「Taiga Takahashi」のデビューとなる2021秋冬は「時間を感じる服」がテーマ。
1910〜50年代のアメリカンヴィンテージを中心に、昔はどのように服が作られていたかという考古学的な視点で、日本の伝統技術や天然素材を使い、現代で追体験を試みたコレクション。



レディース店 rollotにて以前より取り扱いのある【Sans limite】の商品を期間限定でmathematicsでも展開致します。 定番カジュアルシャツをはじめとするメンズサイズを含めた種類豊富なラインナップをぜひ店頭にてご覧ください。

【開催期間】5/14(金)~5/25(火)


【Sans limite】
コムデギャルソンシャツにて企画生産、パターンなど様々な分野に携わってきた門田雄介氏が2012年、オリジナル専門洋品店「Sans limite」を開店。
カジュアルシャツを中心としたトータルブランドであり、流行り廃れの無いベーシックなデザイン、こだわりの見える素材選びや縫製技術も実に魅力的。

 

 

実店舗、オンラインショップ共にご利用くださる皆様、誠にありがとうございます。

東京都では3度目の緊急事態宣言が発出されましたが本厚木にございます

マスマティクスは、粛々と営業を行っております。

そんな中、お車でお越しくださるお客様がコインパーキングをご利用くださっている事が多くございます。

1台分ではございますがマスマティクス専用の駐車場をご用意しておりますのでご利用ください。

※お店から斜め向かいの駐車場 No9です※

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

 


現在、日本のみならず世界からも徐々に注目を受ける新進気鋭のドメスティックブランドKHOKI

ブランドとして初の受注会をmathematicsにて以下の日程で開催いたします。

開催期間【4/10(土)4/11(日)4/12(月)】
(初日の4/10(土)のみデザイナーの方々が在店いたします。)

2021AWのコレクションを一足早くご覧、受注いただけるこの機会に是非お立ち寄りください。

【KHOKI】
特定のデザイナーを設けず、若手数名のデザインチームで構成された匿名性の高いドメスティックブランド。
シーズン毎にひとつのキーワードをアパレルやアートに落とし込みコレクションを発表。
2021AWのキーワードは「Motif」



11月に開催した あすのオプティカル × MATHEMATICS ジャーマンパントのオーダー会におかれまして、ご来訪ならびにオーダーくださいました皆様、その節はありがとうございました。
お待たせしていました受注分につきまして、3/13日に納品とさせて頂きます。

そして 13(土)14(日)はあすのオプティカル 代表も在店して頂き、お受け渡しの立ち合いやフィッティング等をさせて頂きます。 ご都合許す方は是非お越しくださいませ。

※緊急事態宣言下における感染予防には十分注意をして行います。

amachi.  2021AW PRE ODER EVENT

 

 

 

amachi. 2021AWシーズンの受注会を開催いたします。

会期:2021年3月6日(土曜日)~3月15日(月曜日) ※10・11日は店休日

会場:mathematics

 

デザイナーの吉本氏も6・7日に在店します。

皆様ぜひお出かけください。

 

 

 

 

2021年春夏シーズンのamachi.の新作が入荷いたしました。

さっそく春から活躍しそうなアイテムをケンヤに着てもらいました。

 

 

 

・Nine Tailor " Geum Cap " col.C.Grey 販売価格: 9,000円(税別)
・amachi. " Paesina Stone Knit " col.Beige  販売価格: 42,000円(税別)
・MISSONI " Multicolour Cotton Jacquard Jacket " col.701 [SALE]  販売価格: 65,000円(税別)
・amachi. " Detachable Poket Apron " col. Dark Gray×Blue  販売価格: 36,000円(税別)
・amachi. " Grain Denim Baggy " col.Dark Gray×Blue  販売価格: 45,000円(税別)

 

amachi.はニットが得意なイメージがあります。

今シーズンはファッションの流れにも合った表情を持つ和紙のニットが登場しました。

機械編みで工芸品のような編み模様を生み出した、非凡な美しさをもつアイテムです。

 

 

先シーズンから草木染めなどを用いたアイテムも出ていますし、職人の手仕事によって生まれる要素をアイテムに落とし込むことで、単なる量産品と感じさせないプロダクトに仕上がっています。

それでいてカジュアルなコーディネートの中に、違和感なく組み込めるアイテムです。

 

 

 

こちらのエプロンも、実用性とファッション性を兼ねたアイテムです。

オリジナルのリネンデニムは、デニムと呼ぶのがはばかられるほどヌメっとした光沢感があり、ソフトレザーのような表情です。

定番のデタッチャブルポケットも付いているので、過去のアイテムとの組み合わせも楽しめます。

 

 

 

 

RIVIERA  " CASHMERE KNIT CAP " col.MARRONE(D.BROWN)  販売価格: 12,800円(税別)

Lesca " La Corb's - with nose pad " col.005  販売価格: 39,000円(税別)

 

 

色違いはこちら。ブラウンになるとよりデニムという印象が薄れます。

 

 

 

エプロンを脱ぐことでオン・オフを切り替えられるような着こなしも、本格的なワークウェアの空気感をアイテムが持っているからですね。首紐を外し上半分を垂らすようにして、ラップスカートのように着るのもお勧めです。

 

ぜひ皆様もお試しくださいませ。 

商品ページはこちらです→https://mathematics.ocnk.net/product-list/405

 

 

toogood のアーカイブアイテムをスペシャルプライスでご紹介する、toogood archives sale を開催します。

開催期間:2021年2月20日~28日

 

開催に先んじて、オンラインサイトでセール対象のアイテムのご確認・ご購入が出来ます。

混雑を避けるためにもぜひご活用ください。

 

商品ページはこちらです→https://mathematics.ocnk.net/product-list/313